左右非対称は悪なのか?

皆さんこんにちは🐻

一般社団法人日本内臓ヨガ協会代表理事のクマ臓こと中村です🐻

今日は『左右非対称』についてお伝えしていきます。

皆さんもきっと体は左右対称の方がいいと思っている方が多いかと思います。

これは日本というお国柄なのでしょうか?

実際、顔も左右対称の方がキレイに見られると言われています。

(下のお二人の顔は限りなく左右対称)



人は、非対称では何か違和感を感じると言われています。

ある調査によると、人間は左右対称の顔のほうを好むようです(*1、英国、スターリング大学の研究者らによる調査)。この研究では、コンピュータ・グラフィックを使って同じ人の顔に画像処理を施し、左右対称の顔と左右が対称でなくした顔をランダムに提示し、男女の被験者に選んでもらいました。

すると、男女ともに左右対称の顔のほうを好み、異性を選ぶ基準も左右対称の顔が重要な要素とみられる結果になった。つまり、左右対称は「モテ顔」ということになります。

(*1:Anthony C. Little, Benedict C. Jones, Lisa M. DeBruine and David R. Feinberg, "Symmetry and sexual dimorphism in human faces: interrelated preferences suggest both signal quality", Behavioral Ecology Volume19, Issue 4Pp. 902-908. Accepted April 9, 2008. 

その考えがあってからか、体も左右対称の方がいいと思われがちです。

確かに体の歪みがない方が体へのストレスは減ります。それは物理学の観点からも当然の事です。

では、左右非対称は悪なのか?左右対称の方が絶対いいのか?

そんな事ありません。

先ほど顔は左右対称の方がキレイに見られると言いましたが、下の写真をご覧ください。



この写真は、実際に人体解剖をして解剖図も描き、人間の体の構造に詳しかったレオナルド・ダ・ヴィンチの有名な『モナ・リザ』。

このモナ・リザの顔は左右非対称です。ダ・ヴィンチは、わざとそういう表情に描いたのかもしれませんが、美術研究の分野には『モナ・リザ』の微妙な左右非対称性こそが魅力の理由という説もあります。

美しさや魅力の基準は人によって違うので、必ずしも左右対称がいいわけではありませんよね。

体は左右対称がいい?

では体の構造はどうでしょうか?

これは時と場合によりますが、左右非対称はそこまで過度に気にする必要はありません。

というか左右対称は不可能だからです。

私達は生まれる時にお母さんの産道から出てきますが、

その産道を通る時から既に頭蓋骨の歪みが生じています。



多くの赤ちゃんが、右を下にして生まれてきます。

皆さんも今実際に頭を触って頂けるとわかりますが、右の頭の方が若干凹んでいると思います。

生れた瞬間から歪んでいるのに、大人になって左右対称なわけがありません。

そして、内臓もかなり左右非対称です。

肝臓は右側にあるし、胃は左側、腎臓も左右の高さは違います。

臓器そのものも形は左右非対称です。



実はこの内臓の左右非対称には意味があります(また後日書きます)。

左右非対称の方が左右対称より生きていくのに効率がよく、このおかげで哺乳類は進化できたと言えます。

それなのに体の歪みが出ない方がおかしいと思うのが自然かと思います。

最初の方でも言いましたが、もちろん歪みは少ない方がいい時が多いです。

が、意味があって歪んでいる場合も多く、やみくもに戻せばいいかというとそうではありません。

Bという場所に歪みがあるが、Aという場所の問題を補う為に歪んでいる事もあります。

この例だと、背中が丸くなっている猫背。

決していい姿勢とは言われず、誰しも背中を伸ばした方がいいと思うと思います。

しかし、背中が丸くなっている人の中には、喘息がある人や肺の機能が弱い人がいます。

呼吸機能が弱いから背中を丸くして肺を楽にしている可能性があります。

なので、歪んでいるからといってやみくもに修正するのは間違っているかもしれませんね♬

大事な事は、歪みより自由度(可動性)です。

歪んでてもいいから、きちんとその時と場合にあった動きが出ればそれほど問題は出ません。

問題なのは左右非対称より硬さです!

歪みも意味があり、歪み全て含めて自分ですしね(﹡ˆᴗˆ﹡)

それでは本日もお読みいただきありがとうございました!